インフルエンザの症状に苦しみながら、かかる前に事前に色々調べておくべきだったと反省する女性

インフルエンザにかかったら普通の風邪よりも辛いというのは皆さん経験済みだと思いますが、インフルエンザにも種類があるのです。A型、B型などそれぞれ特徴があるのです。事前に知っておけばきっと役立つインフルエンザ情報をご紹介していきます。

自費の予防接種、富山化学工業のインフルエンザ検出

 インフルエンザの予防接種については、統計をとっていた自治体が、効果がないことが明らかになったとして集団予防接種を取りやめているくらいですから、自費で予防接種したとして、効果が期待できるかどうかは定かではないようです。それよりも、旧富山化学工業を傘下とした富士フィルムの技術に期待が集まっています。
 富士フィルムでは、インフルエンザウィルスの検出がより早くできる技術と装置を開発しました。これが各医療機関に普及していけば、インフルエンザに感染した直後に、感染の有無がわかります。現在普及している検査では、感染の初期にはウィルスの数が少ないため、検出できません。そのため、インフルエンザにかかったかどうか判断できず、翌日にまた受診する必要があったりします。しかし、ウィルスの数が増えて検出可能になった状態というのは、症状がかなり進んだ状態でもあります。すでにウィルスが体中に拡散してしまった後では、インフルエンザの特効薬が使えません。インフルエンザの特効薬は、ウィルスが体中に蔓延するのを防ぐためのものだからです。感染が分かった時点では、時すでに遅しということになります。これなら受診しても、できることは限られており、抵抗力のある成人なら、何度も外出して受診するより、安静にして寝ていたほうが得策とも考えられます。受診して薬を用いても、せいぜい1日か半日、治癒が早くなるだけかもしれません。薬には副作用の可能性がつきものですし、特にインフルエンザの特効薬については、重篤な副作用が出たというケースが数々報告されていますので、大きな効果が期待できないなら、服用するのは迷うところでしょう。しかし、感染のごく初期に確実に服用できるなら話は別です。