インフルエンザの症状に苦しみながら、かかる前に事前に色々調べておくべきだったと反省する女性

インフルエンザにかかったら普通の風邪よりも辛いというのは皆さん経験済みだと思いますが、インフルエンザにも種類があるのです。A型、B型などそれぞれ特徴があるのです。事前に知っておけばきっと役立つインフルエンザ情報をご紹介していきます。

インフルエンザのニュースと備えるべき薬の使用方法

 インフルエンザは飛沫感染しますから、感染を防ぐことは不可能です。予防接種をしても効果がないという統計結果が出た自治体では、集団予防接種を取りやめています。感染することは避けられそうにありません。そうなると、感染した後に、被害を最小限に抑えることが大事になります。成人で、以前にインフルエンザに感染したことのある人なら、インフルエンザに感染したかどうかは、自覚症状からわかることがほとんどでしょう。自覚した時には、疲労感が強く、外出もままならないものです。そうした状況で寒い中受診するため足を運んでも、感染の有無をはっきりさせるため、また翌日に受診するようにと案内されることも少なくありません。翌日受診して感染が判明したときには症状が相当進んでいて、抗インフルエンザ薬を使うのが手遅れとなっていることもあるでしょう。症状が一番重い時期での受診となることもあり、特効薬が既に使えないなら、家で安静にしていたほうがいいケースもありそうです。
 インフルエンザのニュースに接するたび、このような対処の難しさに頭を悩ませる人は多いです。自覚症状から感染を判断できるという感触がある成人の場合、抗インフルエンザ薬を買い置きしておきたいと願うこともあるようです。個人で使用する場合に限って、海外の医薬品を個人輸入することは法的に可能ですので、その方法で抗インフルエンザ薬を入手するケースも見られます。しかし、使用方法には注意が必要です。必ず、医師や薬剤師の指示に従うことです。輸入品ですから、説明書きも外国語であり、ニュアンスがうまく読み取れないこともあります。専門用語が多いこともあり、医療の専門家の知識に頼るべきでしょう。個人の判断で服用するのは避けましょう。