インフルエンザの症状に苦しみながら、かかる前に事前に色々調べておくべきだったと反省する女性

インフルエンザにかかったら普通の風邪よりも辛いというのは皆さん経験済みだと思いますが、インフルエンザにも種類があるのです。A型、B型などそれぞれ特徴があるのです。事前に知っておけばきっと役立つインフルエンザ情報をご紹介していきます。

インフルエンザのときに頭痛薬を飲むのは危険

冬場になると、毎年のように蔓延する病気にインフルエンザがあります。インフルエンザは感染症なので、風邪とはまったくちがいます。どんなにマスクをつけて注意をしていても、ウィルスはとても小さいので、入ってきてしまいますし、体調によっては感染することもあります。熱がでたり頭痛があるときに、いつもの風邪だと思って市販の頭痛薬だけでやり過ごそうとするのはとても危険なことです。人によってはインフルエンザの症状が悪化して脳炎になってしまったり、呼吸困難になるケースもあるので、いつもの風邪と考えるのは、大間違いだからです。39度の熱がでてなかなか下がらないというときは、インフルエンザを疑ったほうがいいです。また熱がそれほどでないときでも、微熱がなかなか取れないというときもちがった型のインフルエンザのときがあるので、まずは診察をうけて医師にその旨を話し、検査をすることが必要です。仮にそこで陰性となっても、インフルエンザの場合症状がでたばかりのときは、陰性になってしまうこともあります。翌日に再び検査をすることが望ましいです。インフルエンザを予防するにはどのようなことがいいのかといえば、やはりインフルエンザの予防接種をうけることが望ましいです。これで100%感染しないということではないですが、もしかかってしまったとしても、予防接種をやらないときと比べると症状は比較的楽といわれているからです。とくに高齢の人や小さなお子さんがいる家庭は、家族で予防接種をしてなるべく感染しないように気をつけることが必要です。さらには、流行している時期には人込みなどには、なるべくいかないように注意しておくことが望ましいです。