インフルエンザの症状に苦しみながら、かかる前に事前に色々調べておくべきだったと反省する女性

インフルエンザにかかったら普通の風邪よりも辛いというのは皆さん経験済みだと思いますが、インフルエンザにも種類があるのです。A型、B型などそれぞれ特徴があるのです。事前に知っておけばきっと役立つインフルエンザ情報をご紹介していきます。

インフルエンザの種類とそれぞれの特徴

冬の時期になると流行するインフルエンザには3つの種類があります。
まず一つ目はインフルエンザA型です。A型は毎年大流行を引き起こす、感染力の強いウイルスで症状も重くなることが多いです。人だけでなく、鳥や豚、馬などにも感染することもあります。頭痛や倦怠感、筋肉痛といった全身に症状が出ることが多く、いきなり38度以上の発熱が認められるのも特徴です。香港型、ソ連型の他に、A型の中でも様々な種類があり、毎年予想してワクチンが製造されますが、新しい亜種が見つかることもあり、その場合は新型インフルエンザとして呼ばれることがあります。ウイルスが突然変異を起こす確率も高くなっています。
二つ目はインフルエンザB型です。B型は、A型より症状が軽いことが多く下痢など胃腸に症状が出ることもあります。いきなり高熱が出ることも少なく、徐々に熱が上がっていき、なかなか下がらないといったことも特徴の一つです。流行時期は2月から3月と春先にかけてが多く、A型に感染した後にB型に再び感染してしまうこともあります。山形型とビクトリア型の2種類があり、人のみにしか感染しないことがA型との大きな違いです。
三つ目はインフルエンザC型です。C型の場合感染しても普通の風邪と間違えてしまうこともあるくらい、症状は軽いことがあり、医療機関でもインフルエンザの検査を行わないことがあります。季節を問わず1年を通して感染するのが特徴で、C型もまたB型と同じように人にしか感染しません。一度免疫がついてしまうと生涯感染しないことが多いです。
なお、予防接種では、A型のウイルスとB型のウイルス、それぞれ2種類が含まれており、C型に関しては含まれていません。